なぜ急にテレビで見かけなくなるの?有名人が干される理由

事務所からの独立問題が引き金のことが多い

テレビに頻繁に出ていた有名人が突然姿を見かけなくなってしまうことがあります。その原因として多いのが、事務所からの独立問題です。ではなぜ、所属事務所から独立しようとすると、テレビに出られなくなってしまうのでしょうか。まず、そもそも有名人はなぜお世話になった事務所から独立しようとするのかというと、ほとんどの場合、ギャラが関係しています。ギャラはまず芸能事務所に振り込まれ、そのあとに有名人に渡されることになります。

有名人はギャラに不満を抱くと独立を考えやすい

当然、芸能事務所は有名人を売り出すのにお金を使っているので、ギャラの一部を取り分として抜くのですが、その金額が多いと有名人の取り分は少なくなるので、それに不満を抱いて独立しようとするのです。個人事務所を作って、自分や家族を代表にすれば、ギャラは全額自分に渡されることになるので手取り収入はまったく違ってきます。しかし、芸能事務所からすると、独立というのは恩を仇で返す行動になるので、よほどの理由がない限り、もめることになります。

芸能事務所が所属タレントの独立を簡単に認めない理由

また、テレビに出て売れ始めたら事務所をやめてしまうという人が続出してしまうと、事務所は売り出すためにお金を使ったのに、回収できずにタレントを失うことになってしまうので、その意味でも許容できないのです。そのため、テレビ局に対して、彼を使うのであれば、うちのタレントはおたくの局に出演させないと圧力をかけ、結果、件の有名人は干されてしまうというわけです。一度干されると、人気が低下していくので、前の事務所から独立できても結局テレビには出られません。

山本英俊は1955年、愛知県名古屋市で生まれました。名城大学理工学部を中退後、現在はフィールズ株式会社の代表取締役会長を務めています。